2019年

11月18日(月) 「しし座流星群が極大」(出現期間:11月5日~11月25日)

明るい流星や痕を残すものもある流星群なので未明の東の空に注目したい。

12月15日(日) 「ふたご座流星群が極大」(出現期間:12月5日~12月20日)

もっとも活発な出現を見せる流星群といわれており、一晩中観測できる。ただ、満月過ぎの大きな月明かりがあるので、月明かりを避けながら観測すると良い。

12月26日(木) 「部分日食」(東京での始まり:14:28、最大:15:35、終わり:16:31)

日没前の西の空で部分日食が楽しめる。東京で食分0.389。3割程度太陽が欠けた姿を見ることができる。なお太陽を直接見ると失明する恐れがあるので、観察には必ず「日食グラス」を使ってほしい。安全基準を満たしたビクセン製の日食グラスがおすすめ。

2020年
1月1日  (水) 「初日の出」

札幌:07:06、仙台:07:00、東京:06:50、名古屋:07:00、大阪:07:05、広島:07:16、福岡:07:22、那覇:07:16