ほしぞら情報

 

2021年
1月1日(金) 「初日の出」

札幌:07:06、仙台:07:00、東京:06:50、名古屋:07:00、大阪:07:05、広島:07:16、福岡:07:22、那覇:07:16

2月 「長寿星」 (夜更け前にカノープスを見るチャンスは2月下旬) 

本州では地平線ぎりぎりに上るりゅうこつ座の一等星で、夜空に見える恒星の中ではシリウスに次ぐ二番目に明るい星で、中国では、カノープスを「南極老人星」と呼び、この星を見ると寿命が延びる、という伝説がある。

2月3日(水) 「立春」

明治30年以来124年ぶりに2月3日が立春(太陽黄経315度)になるので、2月2日が節分になる。

 

4月17日(土) 「月が火星に最接近」

22:36 月が火星に最接近する。東南アジアやインド、アフリカでは月が火星を隠す、火星食が起こる。東京では00度36分まで接近。

5月26日(水) 「スーパームーン&皆既月食」

本年で一番大きく見える満月「スーパームーン」でしかも皆既月食という珍しい現象が起きる。20:11に皆既食が始まり、20:26に皆既食が終わる。

5月29日(土) 「水星と金星が最接近」

夕方の西の低空で水星と宵の明星の金星が大接近する。その間隔はわずか0.4度。観察しづらい水星を見るチャンス。

8月13日(金)

未明

「ペルセウス座流星群が極大」

月明かりの影響がほとんどなく最良の条件で観察できる。8月12日(木)宵~13日(金)未明にかけてがチャンスになる。町明かりが届かない好条件の場所に行けば1時間に50個近く見ることができるだろ。

9月21日(火) 「仲秋の名月」

旧暦8月15日の月を「仲秋の名月」と呼び、お月見を楽しむ習わしがある。月の出は18:07。夕方の東の空を眺めてみよう。

10月9日(土)

未明

「りゅう座流星群」

かつてジャコビニ流星群と呼ばれていた流星群。月明かりの影響がなく、好条件だが、出現数が少なめ。ただ比較的ゆっくりと流れるので、見つけやすい。

11月19日(金) 「部分月食」

5月26日の皆既月食に次ぐ月食だが、残念ながら最大98%どまり(18:03)の部分月食になる。しかし100%(皆既)に近いので、赤銅色の神秘的な月の姿を観ることができるだろう。

12月4日(土) 「皆既日食」

2021年唯一の皆既日食だが、南極でしか見ることができない。南米から出航すクルーズも計画されている。詳しくはこちら

12月14日(火)深夜~

15日(水)明け方

「ふたご座流星群」

月齢10の月が沈む午前3時前から明け方までが好条件。夏のペルセウス座流星群と並んで活発な出現が期待される。

 

© 2021 ツアープラス・ワン Powered by AFFINGER5