ほしぞら情報

 

2020年
1月1日  (水) 「初日の出」

札幌:07:06、仙台:07:00、東京:06:50、名古屋:07:00、大阪:07:05、広島:07:16、福岡:07:22、那覇:07:16

2月 「長寿星」 (夜更け前にカノープスを見るチャンスは2月下旬) 

本州では地平線ぎりぎりに上るりゅうこつ座の一等星で、夜空に見える恒星の中ではシリウスに次ぐ二番目に明るい星で、中国では、カノープスを「南極老人星」と呼び、この星を見ると寿命が延びる、という伝説がある。

2月29日(土)箱根駒ヶ岳山頂でカノープス観察にチャレンジするツアーを企画中。

2月中旬 「三大惑星が勢ぞろい」

夜明け前の東の宙では土星、木星、火星の三大惑星が勢ぞろい。またすぐ近くを通り過ぎていく細い月も加わって、宙の競演が素晴らしい。

3月25日 「宵の明星・金星が東方最大離角」

夕空でひときわ明るい星金星が太陽の東46.1℃まで離れる。

3月18日~20日 「4つの惑星と月が並ぶ」

朝焼けの未明の南東の空に火星、木星、土星、月、水星が並び素晴らしい光景が楽しめる

4月28日 「金星が最も明るく輝く」

細く欠けた金星が-4.5等の最大光度となる。日中、肉眼で見つけてみよう。

5月6日 「みずがめ座η流星群が極大」
ハレー彗星を母天体とする流星群。薄明開始直前の南東の空でで見ることができる。
6月21日 「金環日食」
アフリカ~東アジア・台湾で起こるが、東京では部分日食となる。東京では16:11に欠け始め、17:10に最も大きく欠け(食分0.47)、18:04に終わる。直視は危険なので、必ず安全基準を満たした日食グラスを使用しよう。当社が企画協力する「台湾金環日食観測ツアー」はこちら
7月中旬~ 「木星・土星の観察好期」
南の空を木星(-2.8等)と土星(0.1等)がひときわ目立って輝いている。特に土星は輪が大きく開いているので、ぜひ天体望遠鏡で覗いてみよう。夏休みは各地で天体観望会が開催されるので、そこに行ってみるのも良い。
8月12日 「ペルセウス座流星群が極大」
三大流星群の一つで、今年は夜半過ぎまで月の光を気にせず観察できる。22時頃極大になるので、北東の空に注目してみよう。
10月6日 「うお座で火星が準大接近」
およそ2年2カ月ごとに地球に接近する火星。2018年には15年ぶりの大接近となったが、2020年は幾分遠いが「準大接近」ともいえるほど地球に接近するので、天体望遠鏡を使って火星の様子を観測するには絶好のチャンスとなる。火星観望会なども開かれるので、ぜひ出かけてみよう。
12月14日 「ふたご座流星群が極大」
数ある流星群の中で最も活発な出現がみられ、ほぼ一晩中観測できるという点でも楽しめる流星群。15日が新月なので、月明かりの心配もなく最良の条件で観測できる。町明かりの影響を受けにくい場所で観測にチャレンジしてみよう。
12月15日 「チリ・アルゼンチンで皆既日食
皆既食滞は南太平洋上で始まり、チリ、アルゼンチンを横断し南大西洋上で終わる。2019年7月に続き、今回はベストシーズンの南米で観測できる。太陽高度も高く、天気も比較的安定しているので、黒い太陽を見るのには絶好のチャンス。当社が企画協る臆するツアーも募集している。詳しくはこちらをご覧ください。
12月22日 「木星と土星の大接近」
20年ぶりに夕方の西の低空で木星と土星が大接近して並ぶ。東京では00度06分まで接近する。これだけ接近するのは次は2080年まで無いので、ぜひ見ておきたい。

 

© 2020 ツアープラス・ワン Powered by AFFINGER5